オオモリ カズヒロ
  大森 一宏
   所属   経済経営学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1997/07
形態種別 学術論文
標題 海外技術の導入と情報行動―日本陶器合名会社の事例
執筆形態 単著
掲載誌名 佐々木聡・藤井信幸編『情報と経営革新』
掲載区分国内
出版社・発行元 同文舘
巻・号・頁 137-164頁
概要 日本の輸出陶磁器の代表的製品に成長するディナーセットに関する技術導入・開発の過程を検討した。そして、硬質・白色のディナ-セットの完成にあたっては、日本陶器の初代代表社員である大倉和親が、渡欧・視察旅行で獲得した情報が決定的に重要であったことを明らかにした。その上で、日本陶器によるディナ-セットの開発の成功は、日本の窯業界の近代化と輸出陶磁器の国際競争力の強化を促した点で重要な意義をもっていたと論じた。