オオモリ カズヒロ
  大森 一宏
   所属   経済経営学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2000/02
形態種別 学術論文
標題 戦前期日本における大学と就職
執筆形態 単著
掲載誌名 川口浩編『大学の社会経済史』
掲載区分国内
出版社・発行元 創文社
巻・号・頁 191-208頁
概要 大学と企業による市場の組織化は、いつ頃から、どのようにして進められたのか。本論文は、こうした問題に答えるために、企業における採用パタ-ンの変遷と大学における就職活動の制度化の歴史を検討した。その結果、両大戦間期になると、企業と大学との間に継続的取引関係が形成され、求人の情報は特定の大学に占有されることが判明した。この時期に、労働市場が特化・分断され、受験競争が激化するシステムの基礎が構築されたと論じた。