オマタ ケンジ
  小俣 謙二
   所属   心理学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1995
形態種別 学術論文
査読 査読有り
標題 Territoriality in the house and its relationship to the  use of rooms and psychological well-being of Japanese married women.
執筆形態 単著
掲載誌名 Journal of Environmental Psychology
巻・号・頁 1995(15),147-154頁
概要 住まいの領域空間化が居住者の心理的適応に及ぼす影響を、成人既婚女性を対象に、調査した。その結果、領域空間化が心理的健康にプラスに相関することが示された。犯罪との関係では、家族数が多いことが安心感に繋がることも示された。