オマタ ケンジ
  小俣 謙二
   所属   心理学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2002
形態種別 学術論文
標題 高層住宅における犯罪誘発条件の検討-立地、住棟規模、住棟構造等について-.
執筆形態 単著
掲載誌名 犯罪心理学研究
巻・号・頁 2002(40(特別号)),10-11頁
概要 集合住宅での犯罪発生条件を明らかにする目的で成人女性を対象に調査をおこなった。調査では、集合住宅の立地場所、住棟規模の二つの要因間の相互作用を予測したが、住棟規模の影響が強く現れ、交互作用は性犯罪においてのみ認められた。宅でじゅうたくででんについても