オマタ ケンジ
  小俣 謙二
   所属   心理学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 2003/09
形態種別 著書
標題 都市の防犯―工学・心理学からのアプローチ
執筆形態 共著
出版社・発行元 北大路書房
著者・共著者 監修は小出治、編者は、樋村恭一。執筆者は、原田豊、渡邉和美、島田章仁他17名。
概要 犯罪抑止を環境心理学や都市工学の立場から扱い、主な内容は、工学から見た防犯の工夫、防犯における心理学の役割、犯罪行動の空間論的分析、地理的分布などであり、基本的な考え方、研究成果を紹介した。とくに防犯環境設計の研究内容を中心に、まちづくりなどのあり方を提言した。
担当部分は、第2章1節「犯罪抑止への心理学的アプローチ」、
第2節「犯罪抑止の心理学的研究-考えられる研究課題」(pp21-29)、
第5章2節「環境心理学における都市の防犯(pp121-131)。