ハラ サトシ
  原 聰
   所属   心理学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1995/06
形態種別 学術論文
標題 面割り写真帳のバイアス;自民党本部放火事件の場合
執筆形態 単著
掲載誌名 駿河台大学論叢
巻・号・頁 (第10号),95-114頁
概要 犯人識別面割り写真帳を用いた具体的事件の手続きとその結果に対して、心理学的記憶研究からの問題点を指摘した。特に、実際に使用された写真帳が、特定の個人を選択させるバイアスがあることを、事件に無関係な大学生を被験者として再認実験を行うことによって証明した。10000分の12回から15回しか生起しえないような選択確率が生じ結果から、写真帳には明らかなバイアスが存在していた。このような写真帳のバイアスは無実の被疑者を犯人と誤認する冤罪を引き起こす可能性が高いのであるが、現在の裁判の中でその点の認識が極めて薄いことを指摘した。