ハラ サトシ
  原 聰
   所属   心理学部 所属
   職種   教授
言語種別 日本語
発行・発表の年月 1995/09
形態種別 その他
標題 供述分析:足利事件の場合
執筆形態 単著
掲載誌名 日本教育心理学会第37回総会発表論文集
巻・号・頁 28-29頁
概要 自主シンポジウム「裁判と心理学」において話題提供者として発表した。内容は、足利事件の被告人の捜査段階の供述及び、公判証言について、従来の嘘分析や行為の流れに基づいた分析に加えて、被告人の発話に着目し、体験を語る発話特徴の分析から、犯行行為の発話は、被告人の体験語りとはかなり異なっていることを明らかにした。
企画者は、佐々木正人、原聰、森直久、大橋靖史、高木光太郎、松島恵介。