photo
    (最終更新日:2020-04-10 20:31:19)
  コマル マサル
  小丸 超
   所属   スポーツ科学部 所属
   職種   准教授
■ 主要学科目
スポーツ社会学 健康・スポーツ実習
■ 現在の専門分野
社会学, スポーツ科学, 身体教育学 (キーワード:社会学、スポーツ社会学、教育社会学、身体論、体験論) 
■ 学歴
1. 1999/04~2003/03 龍谷大学 社会学部 社会学科 卒業 学士(社会学)
2. 2003/04~2005/03 龍谷大学 社会学研究科 社会学専攻 修士課程修了 修士(社会学)
3. 2005/04~2011/03 龍谷大学大学院 社会学研究科 社会学専攻 博士課程単位取得満期退学
4. 2015/12
(学位取得)
龍谷大学大学院 博士(社会学)
5. 2011/04~2014/03 龍谷大学大学院 社会学研究科 研究生
全件表示(6件)
■ 職歴
1. 2005/04~2008/03 龍谷大学 社会学部 TA
2. 2005/04~2010/03 龍谷大学 社会学部 TA
3. 2008/04~2008/05 西宮市留守家庭児童育成センター 学童保育指導員
4. 2008/05~2012/08 有限会社ネスプランニング 児童指導員
5. 2009/04~2013/01 龍谷大学 ライティングセンター 論文指導員
全件表示(18件)
■ 所属学会
1. 2005/04~ 関西社会学会
2. 2006/07~ 日本社会学会
3. 2010/08~ 西日本スポーツ社会学会
4. 2014/04~ ∟ 世話人
5. 2010/11~ 日本スポーツ社会学会
全件表示(7件)
■ 委員会・協会等
1. 2011/04~ 関西学生アメリカンフットボール連盟 スポーツ経験調査コーディネーター
■ 著書・論文歴
1. 著書  未来を拓くスポーツ社会学 (共著) 2020/04
2. 著書  近代スポーツの病理を超えて―体験の社会学・試論― (単著) 2018/02
3. 論文  体験の社会学―近代スポーツの病理を超えて―(博士学位論文) (単著) 2015/12
4. 論文  戸塚ヨットスクール論―体罰で人間は変わるのか― (共著) 2015/03
5. 論文  「コツ」をつかむとはどういうことか―特に身体的技能の習得に注目して― (単著) 2013/03
全件表示(23件)
■ 社会における活動
1. 2011/04~2018/03 西宮市スポーツクラブ21 北夙川卓球部(平成27年4月より平成30年3月まで副部長)
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2016/04~ 視聴覚教材の活用等
●作成した教科書、教材
1. 2016/04~ 穴埋め式レジュメの作成
●当該教員の教育上の能力に関する大学等の評価
1. 2018/03 学生による授業評価(立命館大学)
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 2017/03 書評会での論評(京都大学)
2. 2018/04~2019/03 地域連携事業におけるサービスラーニングの実施(岡垣町・九州共立大学)
●その他教育活動上特記すべき事項
全件表示(11件)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 2011/04~ 「スポーツ経験調査」の実施及び分析
2. 2011/04~2018/03 北夙川卓球部副部長
3. 2014/04~2018/03 日本スポーツ社会学会関西学生フォーラムの運営全般
4. 2016/04~ 西日本スポーツ社会学会の運営全般
5. 2018/04~2019/03 九州共立大学での学内業務
全件表示(8件)
■ 学会発表
1. 2005/05 生成の社会学の生成過程―作田社会学研究序説―(関西社会学会)
2. 2007/11 生成する時間・定着の時間―時間の社会学とリズム研究との関係について―(日本社会学会)
3. 2010/08 スポーツ選手の引退に関する一考察―日本野球独立リーガーの場合―(西日本スポーツ社会学会第5回大会)
4. 2011/08 アスリートバーンアウトの概念について(西日本スポーツ社会学会第6回大会)
5. 2012/05 「コツをつかむ」とはどういうことか(関西社会学会)
全件表示(20件)
■ 資格・免許
1. 2003/03 高等学校教諭一種免許状(地理歴史・公民) 滋賀県教育委員会平一四高一種第一二〇号
2. 2003/03 中学校教諭一種免許状(社会) 滋賀県教育委員会平一四中一種第三四号
3. 2016/06 日本体育協会スポーツリーダー(215LN001002131)
■ メールアドレス
  kyoin_mail