(最終更新日:2019-05-16 22:32:35)
  イシカワ マチコ
  石川 真知子
   所属   グローバル教育センター 所属
   職種   助教
■ 主要学科目
英語、比較文学、日本研究、オーストラリア研究
■ 現在の専門分野
文学一般 (キーワード:比較文学、日本研究、サバルタン研究、オーストラリア研究) 
■ 授業科目
1. 英語ⅠA
2. 英語ⅠB
3. 英語ⅡA
4. 英語ⅡB
5. 英語ⅢA
全件表示(10件)
■ 学歴
1. 2005/02~2009/12 タスマニア大学 人文学部アジア研究学科アジア研究専攻、芸術学科絵画専攻 卒業 文学士
2. 2010/02~2010/12 タスマニア大学 アジア研究学科 修了 文学士(優等学位)
3. 2011/02~2015/12 タスマニア大学 人文学部博士課程 人文学 博士課程修了 博士 (文学)
4. 2012/01~2012/12 タスマニア大学 学術研究員資格コース 修了 学術研究員資格
■ 職歴
1. 2009/02~2015/12 タスマニア大学 人文学部 非常勤講師
2. 2013/05 オーストラリア国立図書館 日本研究助成研究員
3. 2013/08~2014/01 早稲田大学文学学術院 国際交流基金研究フェロー
4. 2018/09~2019/01 東京家政大学 子ども学部 非常勤講師
■ 所属学会
1. 2010/12~ Japanese Studies Association of Australia
2. 2011/12~ Asian Studies Association of Australia
3. 2012/12~ Japan Studies Association (America)
4. 2016/02~ カルチュラル・スタディーズ学会
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2013/05  Nakagami Kenji: Paradox and the Representation of Silenced Subaltern Voice 競争的資金等の外部資金による研究 
2. 2013/08~2014/01  Nakagami Kenji: Paradox and the Representation of the Silenced Voice 競争的資金等の外部資金による研究 
■ 著書・論文歴
1. 著書  Paradox and Representation: Silenced Voices in the Narratives of Nakagami Kenji (単著) 2019/08
2. 著書  Cultural and Social Division in Contemporary Japan: Bridging Social Division (共著) 2019/08
3. 論文  路地のオバは語ることができるか-中上健次が描いた被差別の老女たち- (単著) 2018/07
4. 論文  オバたちのヴァギナ・モノローグ (単著) 2016/07
5. 論文  Nakagami Kenji: Paradox and the Representation of the Silenced Voice (博士論文) (単著) 2015/12
全件表示(10件)
■ 社会における活動
1. 2014/06 The University of Queensland Documentary film project “Architects and the Tsunami”
2. 2016/10~2017/07 カルチュラル・タイフーン2017(カルチュラル・スタディーズ学会)実行委員
3. 2018/05 駿河台大学外国語講座 名作映画のシーンから学ぶ英会話
■ 教育上の能力
●教育方法の実践例
1. 2006/02/01~2013/01/31 タスマニア大学人文学部アジア研究学科日英語学交換学習プログラム
2. 2006/02/01~2016/01/31 タスマニア大学人文学部日本語専攻コース
3. 2011/11/01~2012/01/31 タスマニア大学人文学部アジア研究学科 短期留学・フィールドワークプログラム
4. 2016/04/01~ 駿河台大学グローバル教育センター 英語Ⅰ、英語Ⅱ、英語Ⅲ
5. 2016/04/01~ 駿河台大学グローバル教育センター  英語演習(Screen English)
●作成した教科書、教材
全件表示(7件)
■ 学会発表
1. 2011/07 Nakagami Kenji’s Depiction of ‘Shoes’ as Kegare in Sen’nen no yuraku(Japanese Studies Association of Australia 2011 Conference)
2. 2011/07 The Genealogy of Monogatari: Nakagami Kenji and the Tradition of Japanese Narrative(Japan Foundation International Conference)
3. 2012/07 Omina (Old Women)’s Narrative by the Japanese Outcaste Writer Nakagami Kenji(Asian Studies Association of Australia Conference)
4. 2012/11 Nakagami Kenji’s Burakumin Narrative of Outcaste Japan (Poster Presentation)(The Research School of Asia and the Pacific 2012 Symposium)
5. 2012/12 A Ballad of Brother-Sister Suicide: the Shadow of Imperialism and the Mill Girl's Hidden Voice(The Japan Foundation International Symposium and Exhibition)
全件表示(14件)
■ 講師・講演
1. 2013/10 Reading A Critique of Postcolonial Reason by Gayatri Chakravorty Spivak(東京大学)
2. 2013/12 中上健次:<無告の声>を描く(日本大学)
3. 2015/06 死を賭して<男>に変身する妹-親族関係を撹乱する女性の物語として読む江州音頭『兄妹心中』(神奈川大学)
4. 2016/08 オバたちのヴァギナ・モノローグ(和歌山県新宮市 熊野大学夏期セミナー)
5. 2019/01 赤いドレスのマシナ:タスマニアン・アボリジニの少女の物語(白百合女子大学)
■ 海外活動
●海外研究活動の為の渡航回数(前年度実績)
 在留期間2週間以上のもの   計 1  回
 在留期間2週間未満のもの   計 0  回
●海外での国際会議、学会への出席回数及び発表回数(前年度実績)
 諸費用の主たる負担者   出席回数   発表回数
 主催者  0  回  0  回
 外国機関  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会  0  回  0  回
 文部科学省・日本学術振興会以外の政府関係機関  0  回  0  回
 所属機関  0  回  0  回
 財団等(寄付金・委任経理金含みます)  0  回  0  回
 自費  1  回  1  回
 計  1  回  1  回
●国際的な学会で使用する外国語
 口頭発表に主に用いる言語   英語  
 論文の執筆に主に用いる言語   英語  
■ 受賞学術賞
1. 2011/05 Australian Postgraduate Award
2. 2011/07 Japan Foundation International Symposium Postgraduate Conference Award
3. 2011/07 Japanese Studies Association of Australia Postgraduate Conference Award
4. 2012/07 Asian Studies Association of Australia Postgraduate Conference Award
5. 2012/11 The Research School of Asia and the Pacific 2012 Symposium Poster Competition The First Prize
全件表示(9件)
■ 資格・免許
1. 2012/02 学術研究員資格 (Graduate Certificate in Research)
■ メールアドレス
  kyoin_mail