(最終更新日:2022-06-09 15:21:31)
  クサチ ミキ   Kusachi Miki
  草地 未紀
   所属   法学部 所属
   職種   教授
■ 主要学科目
民法系科目、消費者法、法社会学、法学演習Ⅰ・Ⅱ(大学院)、民法特論(大学院)、消費者法研究(大学院)、家族法研究(大学院)
■ 現在の専門分野
民事法学, 基礎法学, 新領域法学 (キーワード:消費者被害、高齢者の権利擁護、公私協働、ADR、司法アクセス) 
■ 学歴
1. 1994/04~1998/03 岡山大学 法学部 法学科 卒業 学士(法学)
2. 1998/04~2000/03 岡山大学 法学研究科 民・刑事法専攻 修士課程修了 修士(法学)
3. 2000/04~2003/03 岡山大学 文化科学研究科 産業社会文化学専攻 博士課程修了 博士(法学)
■ 職歴
1. 2003/04~2009/03 清和大学 法学部 法律学科 専任講師
2. 2004/10~2004/10 明治大学短期大学 非常勤講師
3. 2005/10~2005/10 明治大学短期大学 非常勤講師
4. 2006/08~2006/08 岡山大学 法学部 非常勤講師
5. 2009/04~2011/03 駿河台大学 法学部 法律学科 講師
全件表示(11件)
■ 所属学会
1. 2000/04~ 日本法社会学会
2. 2003/04~ 金融法学会
3. 2003/04~ 日本私法学会
4. 2005/04~ 仲裁ADR法学会
5. 2005/10~ 中四国法政学会
全件表示(7件)
■ 委員会・協会等
1. 2020/02/08~ 埼玉県公益法人認定等審議会 委員
2. 2018/04/01~2020/03/31 飯能市男女共同参画審議会 委員
3. 2014/07~2020/03/31 飯能市市民後見推進審議会 委員
4. 2013/02/01~2016/01/31 飯能市公務災害補償等審査会 委員
5. 2012/08/03~2014/03/31 飯能市市民後見制度検討委員会 委員
全件表示(6件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2021/04~2024/03  高齢消費者被害の救済に向けた見守りネットワークの構築と活用についての研究 基盤研究(C)(一般) 
2. 2009/04~2014/03  高齢被害者救済のための公私協働型リーガル・ネットワークの研究 基盤研究(B) (キーワード:法社会学、紛争処理法制、基礎法学、紛争処理、高齢者保護、公私協働、リーガル・ネットワーク、司法書士、地域包括支援センター、消費者被害、司法、日本司法支援センター、高齢者被害、司法アクセス、弁護士、消費生活センター)
■ 著書・論文歴
1. 論文  消費者安全確保地域協議会による高齢消費者被害の防止(1) 駿河台法学 33(2),75-87頁 (単著) 2020 Link
2. 論文  高齢消費者被害救済における消費者委員会の役割 駿河台法学 31(2),107-129頁 (単著) 2018/02 Link
3. 論文  配偶者相続人の相続分見直しについて 駿河台法学 31(1),159-184頁 (単著) 2017/09 Link
4. 論文  高齢消費者被害救済の現状と展望 駿河台法学 30(2),67-89頁 (単著) 2017/02 Link
5. 論文  高齢者の権利擁護における地域包括支援センターの役割―地域包括支援センターを対象とするアンケート調査結果の基本集計表― 駿河台法学 27(1),127-156頁 (共著) 2013/09 Link
全件表示(22件)
■ 講師・講演
1. 2005/09 悪質商法から身を守るには? ―消費者契約法を知る―(清和大学)
2. 2008/09 トラブルに巻き込まれたらどうする?!(清和大学)
3. 2010/11 中高年のための消費者問題講座(駿河台大学)
4. 2011/06 企業は強者で消費者は弱者? (企業と消費者法)(駿河台大学)
5. 2013/02/16 消費者被害の実態①悪質商法から身を守るには? ― 消費者契約法を知る ―(飯能市役所)
全件表示(8件)
■ 担当経験のある科目
1. 1年次演習(清和大学、駿河台大学)
2. 2年次演習(清和大学、駿河台大学)
3. 3,4年次演習(清和大学、駿河台大学)
4. 家族法(清和大学、駿河台大学)
5. 契約法(清和大学、駿河台大学)
全件表示(12件)
■ 講演テーマ例
1. トラブルに巻き込まれたらどうする?!
2. 中高年のための消費者問題講座
3. 企業は強者で消費者は弱者? (企業と消費者法)
4. 医療ADR等医療紛争の解決方法
5. 悪質商法から身を守るには? ―消費者契約法を知る―
全件表示(6件)